日本
アメリカ

OmniTerra

Moonlander

Moonlander ラインアート

フレーム&フォーク

Moonlanderは100mm 幅のリムに4.8インチ タイヤを走らせている。フットプリントがかなり大きいので、乗っている時の圧力は相当低い。そのため、(雪道用の靴と同様に) トラクションは類を見ず、濡れた道、根、岩、小石、砂利、砂、そして様々な種類の雪など、あらゆる地形で浮遊感がある。Moonlanderは、その名がほのめかしているように、通常の自転車、通常のファットバイクでさえも行けない場所を進むことができる。道がない場所、誰も通らない場所、人がいない場所で乗ることができるよう、一から設計している。

当社の他のフレームセットと同様に、Moonlanderはこのモデル向けに特別に設計されたチュービングの4130 CroMolyスチール製。フレームのジオメトリーは標準的なマウンテンバイクとそれほど変わらず、茂みや荒れた道に適したたっぷりの車高をもたらすボトムブラケット高さ。その一方で安定な乗り心地にも適した十分な低さでもある。トップチューブは、快適で一日中グラインドが可能なライディングポジションができるようにヘッドチューブを十分に高くしつつ、スタンドオーバーハイトを最大限に確保。

このフレームの特徴は、ディレーラーハンガー付きの幅135mmの水平ドロップアウト。つまり内装ギアのハブを使ってシングルスピードに仕上げることができるし、標準のディレーラードライブトレーンに仕上げることも出来る。リアエンドはオフセット28mmで、ドライブトレーンは幅広のタイヤとも相性が良い。Moonlandersは135mm O.L.D. 非オフセットフォーク付きだが、フロントホイールとリアホイールを交換したいなら、リアオフセットに合うものを選んでもいい。 実際、当社のファットフォークは全て、軸からクラウンまでとオフセットの寸法が同じなので、互いに交換可能だ。フォークは、リアブレーキ向けに設計された51mm I.S. ディスクキャリパーマウント、そしてフェンダーとラックを取り付けるためのミッドブレード スルーアイレットと低めのラックバレルが自慢(合わせるために少し改造する必要があるかもしれないが、選択肢は充実)。

取扱店を探す