日本
アメリカ

Pugsleyフレームから完成車にするために必要な特別な部品は何?

26インチの17.5mmオフセットホイルが二つ必要だ。ストックフォークの間隔は135mmのハブに合うようにデザインされている。サハラ砂漠のど真ん中でカセットが壊れても、これで予備のホイールを備えられるわけだ。この方法の場合、多くの人はシングルスピードか固定式ディスクハブを選ぶ。Eタイプ フロントディレイラーが必要となる。この種のディレイラーは、ボトムブラケットにマウントすることで、従来のデーズに関連するタイヤクリアランスの問題を解決してくれる。キャリパーのアダプターはリア用を二つ使う必要がある(湾曲レッグのストックフレームの場合は、135mmフォーク)。 また、リアホイール二つ用にリアブレーキキャリパーが二つ必要(一部のキャリパーは、フロントとリアで互換性がある)。 それと、100mm幅ボトムブラケットとそれに呼応するクランクセットが必要。チェーンステイ 接合部に大幅なタイヤクリアランスが必要となるので、Surlyでは100mm BB シェルを使用している。