日本
アメリカ

なぜ、シングルスピード用フレームにエキセントリック ボトムブラケットとかスライドドロップアウトを使わないの?

それぞれのチェーンたるみ低減技術には、メリットとデメリットがある。 Surlyでは、水平式ドロップアウトの機械的な単純さを好んでいる。それにはいくつかの理由があるが、 主にホイールとフレーム間のインタフェースには移動性の部品がなく、余計な仕組みもなしという点が挙げられる。偏心あるいはスライド式ドロップアウトは、きしみやすべりといった問題がより生じやすい。うちのドロップアウトを採用するのに最も困難なハードルといえば、リアホイールを外すときに、一つか二つの余分なステップが伴うということだ。俺たちは、それでも構わない。5mm アーレンキーを携帯してくれ。