日本
アメリカ

太いタイヤフロントディレイラー

去年のはじめ、僕はKarate Monkeyで幅広いリムと大きめのタイヤの組み合わせを走らせて、フロントディレーラーケージとタイヤの間に生じる干渉に対処する楽しみを感じた。 僕はMaxxis Ardent 2.4"タイヤとRabbit Holeリムの基盤となった初期の試作品で走ってたんだ。そしてありがたいことに、小さくて収まりの良い“Monkey Nut V2” [MNV2]が作れ、フレームにつけて供給できている。

Karate Monkeyをはじめとする、いくつものサーリーフレームは、ディレイラーハンガー付きのホリゾンタルドロップアウトが装備されている。 その小さいフレームの部分は適切に “Karate Monkey ドロップアウト.”と名付けられている。 賢いマーケティングだろうね。その組み合わせの理由はシングルスピード, ディレイラー付きマルチギア式ドライブトレイン、または内蔵ギア式ハブのすべてを可能にすることにある。その全てが簡単に出来るのだ。

多くのフレームの場合、ギア駆動形式にしたら、ホイールはドロップアウトの中でフロントディレーラーを使って異常なく完璧に前へ向かって走らせることが出来るんだ。紛うこと無く、僕らは我が社の完成車に互換性のあるタイヤとフロントディレイラーを選んでいる。しばらくの間、多くのフロントディレーラーはマルチプル型式で二つのディレイラー製造業者によって製造された。これはバイクショップとお客さんには素晴らしい革新だったけど、カラテモンキーにはちょっと違うよね。バイクショップは、それまでの六つの異なるバージョンを補うのにシートチューブ用シムがついたディレイラーただ一種類を保管すればいいんだ。在庫管理が簡単になることで、お客さんは特殊オーダーするよりも、バイクショップに入って即座にフロントディレイラーを購入する事のできる可能性が高くなった。ひとつの副作用として(僕達のフレームで明白なね)、そのような適応性がタイヤクリアランスの妨げになってしまった。また同時期にタイヤ製造業者が29’タイヤの良さを理解し始め、大きくて2.3インチよりも太いタイヤが作られ始めた。これはおめでたいことだったけど、クリアランスの問題には役に立たなかったね。それらが販売された時、カラテモンキーとタイヤの問題が幾つかあると気づいた。結果として、原版を見直した上、モンキーナットバージョン2 [MNV2] が現れた(賢いマーケティング再びだね)。単にフレームのチェーンステイを伸ばすのは可能だったけど、そうすると、シングルスピード、2.1インチタイヤ、またはマルチプルディレイラーを使うのには不利だ。サーリーの従業員を含め、みんな、可能な限りリアセンターを短くしたかったんだ。

 この小さい部品が、サーリーフレーム消費者、持ち主、メカニックの君に与えるのは、ホイール装着時のぴったりとした固定点だ。この固定位置はエンドの最先端から14mm後方となる。大きいタイヤと幅の広いケージをもつフロントディレイラーを利用するなら、クリアランスの問題が生じる可能性がある。MNV2はディレイラーからずらしてホイールを固定する。もちろんこれが無くても出来てたんだけど、MNV2はしっかりとした後輪の固定位置を与えてくれる。だからブレーキ(ディスクもしくはリム)も常に調整された状態が保たれるんだ(MNV2がない場合、かなり苦労するだろう)。またホイールの固定が不十分なとき(少なくとも、みんな一回は起こるだろう)、前方に引っ張られるのを防いでくれる。シングルスピードの場合、大した問題じゃないけど、タイヤとフロントディレイラーの間に潜在的な干渉があると、ディレーラーに損害を与える可能性がある。

KMドロップアウトや、それともTrollドロップアウトが搭載されているすべてのフレームにはMonkey Nutsがついている。これらはとても役に立つ小型部品である。例えばKrampusの場合、MNV2なしで1x__スピードのセットアップを組むことでリアセンターをより短くすることが出来る。フロントディレーラーのギアレンジを広げたいなら、MNV2をドロップアウトに収め、当社のオフセットされたダブルクランク[Mr. Whirly MWOD もしくは OD Crank]を合わせるといい。これによってフロントシフティングクリアランスがたくさん得られるよ。

Surlyの…について

ご存知の通り、Surlyではスチールで自転車をつくっている。これは昔から変わらない。 スチールを使う理由はたくさんあり、 詳細は割愛するが、ポイントは、スチールを使用した場合、デザインと 柔軟性、乗り心地、コスト効果、耐久性、修復性、環境性能のバランスが良いという点だ…

続きを読む