日本
アメリカ

あなたのビッグダミーから最高の楽しみを得よう

ジオメトリー表 | Xtracycle Freeloaderバッグの取り付け方 (PDF)

長きにわたって、サーリーはエクストラサイクルのカーゴバイクシステムの価値を信じてきた。エクストラサイクルのモジュラーコンポーネントを収容する特注のロングテールフレームを自分たちで作ろうとさえ思ったほどだ。だから、エクストラサイクルのお偉方がこのプラットフォームを基にしたコンプリートフレームセットを設計したくないかと訪ねてきてくれたとき、決断は至極簡単だったよ。

そんなわけで自転車で荷物を牽引する素晴らしき世界へようこそ。君たちがきっとパニアバッグになんとかものを詰め込んだり、メッセンジャーバッグの上に何かしら大きなものを括り付けたり、もしくはすでにエクストラサイクルに乗っているのではと想像している。ビッグダミー/エクストラサイクルシステムを使うにあたり、サーリーには、君たちが何か大切な荷物を運ぶため、カーゴバイクを組み上げる際のコンポーネントや工具を選ぶ手助けとなるコツやヒントをいくつかを知ってもらうのに十二分な経験があるよ。

ロングバイクに乗るにあたり - 多くの人がビッグダミーの乗り心地がどんな感じかを尋ねるが、基本的には極めて普通の自転車の乗り心地だ。ジオメトリーは標準的マウンテンバイクに酷似していて、ボトムブラケットが若干高く、ホイールベースが長いという具合だ。ボトムブラケットの位置が高いのは、ホイールベースの長い自転車ではクランクやペダルを地面から遠ざけないといけないからだ。

  • 舗装路- コーナーで長いリアエンドが傷害物を超えて自転車の荷重が抜けるタイミングは若干違うのでカーブで乗り上げたり超えたりする時は注意が必要だが、それ以外は普通の自転車と何ら違いはない。
  • オフロード- Dummyはオンもしくはオフロードでの使用を想定した設計で、オフロードでのツーリングや厳しい街中運搬での取り扱いにも十分な耐久性がある。君たちが気づくことの一つとして、自身の体重が両方の車輪上にほぼ均等にあること、締まりのないコーナーを走り抜けるときもトラクションや摩擦は前後輪に同じ量かかる。そんなわけでタイトなコーナーの砂利道を叫びながら下る様子を想像してみて。前後輪にかかる重量が同じことやロングホイールベースが相まって、信じられないほど安定した予測を立てやすいオフロード走行が可能。君たちもすぐさまマートのような二輪ドリフトのコーナー走行ができるだろう。

もちろん、後部に荷物をのせれば、リアエンドのトラクションは良くなる。荷重を抜いたり、バニーホップで飛び越えるのは難しくなるが、路面への追従性が上がるので走破性を上げることが可能だ。

自転車での運搬 - 物を運ぶときの基本的なルールは荷物を低く積み、両サイドのバランスを取り、きつく縛ること。自転車が転倒しないように、キックスタンドのついている方から積んで、ついていない方から下ろすことを忘れないでね。最後の文を少なくとも2回は読み返してね。

  • 長いものの運搬- エクストラサイクルはサーフボードやカヤック、材木、はしごなどを積むための ロングローダーと呼ばれるアタッチメントを作っている。このアタッチメントを使うことにより長い荷物を前方へ移動させて後ろへの出っ張りをなくし、前側を外に逃すことでペダリングにも影響を与えない。
  • 高さのある荷物は低いものに比べ安定性に欠け、ねじれによる屈曲をフレームに感じると思う。自転車から降りるときはシートの後ろ側からではなく、前側からトップチューブをまたぐことを覚えてね。これはビッグダミーのトップチューブが湾曲している理由の一つでもある。また乗っている間、車上で立たないことで、自転車全体が安定するよ。
  • 重い荷物
    • 荷物を支えやすくするため、エクストラサイクルのHラックを使ってください。
    • Hラックを使わない場合、フリーローダー左側のバッグストラップと右側のバッグストラップをフライトデッキ上で連結、荷物を固定することで、Vラックがスナップデッキのテンションを緩めるのを防ぐ。
    • 両側の荷物のバランスを保ってください。
    • ビッグダミーは200 lbs (90 kg)のライダー重量に加え、 200 lb (90 kg)の荷物まで積載可能。
    • 止まる時は長めの制動距離を想定してください。
  • 幅のある荷物
    • 走行注意。普段、他の自転車ではできた道幅を押し分けて進むことが出来ない恐れがある。
    • 尖ったものは内側に積み、隣接したフェンス、車、木、または僕に引っかからないように尖った先は後ろに向けてください。

ホイール - ビッグダミーは耐久性、手に入れやすいこと、このサイズの種類が豊富なこと、乗り心地の良さといった観点から26インチホイールを基にした設計となっている。フレームのジオメトリーに関しては、カーゴバイクの標準的なタイヤサイズと見てきた2.1インチ(外径676mm)を基にした設計となっており、このサイズ近くのホイール、タイヤを使うことで最高の乗り心地が得られる。  カンチレバーまたはリニアプルのリムブレーキを使う場合は、26インチホイールのみ。僕らは好奇心旺盛なので、以下全ての選択肢を試して様々な結果を得ているんだ。

  • 26インチ x 2.2-2.5インチタイヤ- ビッグダミーに収容可能なタイヤの最大サイズは2.5インチ (シュワルべのビッグアップル/ファットフランク2.35インチやマクシスのフックワーム2.5インチを考慮)。
    • 長所
      • クッション性の増加は快適な走行をもたらす。
      • リム打ちパンク耐性。
      • トラクションの増加。
      • 路面の障害物に対するペダル、チェーンリングのクリアランス増加。
      • オフロードの走破能力。
    • 短所
      • スーパーファットサイズタイヤの選択肢は少ない。
      • ローギアの際チェーンがリアタイヤにあたる可能性が高くなる。スクエアテーパーのクランクとボトムブラケットを選択し、長めのボトムブラケットスピンドルを使うことでこの問題に適応。
      • フェンダーを付けている場合、リアホイールの出し入れが大変かも。フェンダーをフロントブリッジに取り付ける際はパンヘッド型のねじを使ってください。
      • 大きなタイヤはフォークのトレール値を伸ばすので、操舵性はわずかにゆっくりしたものになる。本当に大したことではないけど。
      • 転がり抵抗と重量の若干の増加。
      • スタンドオーバーハイトが高くなる。
  • 26インチx 1.5-2.0インチ- 細めのタイヤは転がり抵抗も減り、このタイヤ径には良い選択が行える。その他の特性は以下の通り。
    • 長所
      • 高圧設定、低い転がり抵抗、より早く走れる。
      • スタンドオーバーハイトの低減。
      • トレール値が減ることによる若干クイックな操舵特性。
    • 短所
      • 少ないクッション、厳しい乗り心地。
      • リム打ちパンクの可能性増大。
      • トラクションの減少。
      • オフロード走破性の低下。
      • 路面の障害物に対し、チェーンリングやペダルが近くなる。

26インチホイールと比較するためのその他のホイールサイズ

  • 24”インチホイール-  ビッグダミーで24インチホイールが使われることには警告という手厳しい言葉でもって忠告する。  26” x 2.0” タイヤから24” x 2.2”タイヤへ変更するとボトムブラケットはおおよそ21mm(約1インチ)低くなる。これによりチェーンリングは縁石や丸太に近づき、クランクやペダルはもっと地面に近づく。ペダルを動かしている最中に地面にぶつけると、身体と自転車に深刻な損害を引き起こす。オフロードで24インチホイールを装着して乗ることは明らかに推奨できない。 
    • 長所
      • トレール値が減ることによる若干クイックな操舵特性。
      • コンパクトなホイールによる高い横剛性。
      • スタンドオーバーハイトの低減。これは短いクランクを使って、以下に列挙する小さいホイールを使うことによる不利な面を認識するならば、最小の16インチフレームが大きすぎると思っている人への選択肢となる。
    • 短所
      • 回転時、地面にペダルをぶつける高い可能性。
      • チェーンリングを縁石や丸太にぶつける高い可能性。
      • リムとタイヤの選択肢の少なさ。
      • 地面とのクリアランスを維持するためにボリュームのあるタイヤ(24インチx 2.2以上) を選ぶ必要性がある。
      • ディスクブレーキだけを使用する必要性がある。
      • より小さいクランクを使用することが可能な必要条件
      • コーナリング中の地面とのクリアランスを良くするために、ローサイドプロファイルのペダルが必要とされる可能性がある。
      • タイヤの接地面が短くなることによる全体的なトラクションの減少。
      • オフロードでの使用に不向き。
  • 26インチフロント/24インチリア- 実験的にフロントに26”インチx 2.0インチ、リアに24インチx 2.2インチを履かせてみた。前後とも 24インチ x 2.2インチの組み合わせよりボトムブラケットの位置が若干高くなり、地面とペダル、チェーンリングの間隔も若干増えることから走破性もわずかによくなった。乗り心地も悪くはないが、前後とも 24インチ x 2.2インチの組み合わせよりタイトコーナーでの操縦が少し難しくなる。
  • 700c/29インチホイール- ビッグダミーのリアエンドに収容可能な最も大きな700cタイヤは28mm(フェンダー込み)。見解として、このサイズでは荷物を載せてリムを路面のこぶや縁石から守るにはボリュームが足りない。フロントに29インチタイヤをつけて走りたい場合(リアは26インチで)、つま先が前輪に干渉する問題やとてもゆったりとした、厄介なジオメトリーを抱え込むことになるだろう。それゆえ、僕らも試してさえない。

ホイールの強度- ホイールを選ぶ時は、けちけちせずにウエイトやお金の節約は諦めよう。

  • XCレーシングを意図したものでない肉厚のリムを使ってください。
  • 使うタイヤのサイズが収容可能な幅のリムを使ってください。
  • より多い本数でヘビーデューティー仕様のスポーク(2.34mm バテッド, 2.0mm若しくは 2.0/1.8mmバテッド)
  • 長期の耐久性と対腐食性のためブラスニップルを使ってください。

ブレーキ

  • ディスク
    • 長所
      • 濡れた状況でも優れた制動力を発揮。
      • 長くて急な坂のある場所を走ったり、頻繁に重い荷物を運ぶ人に適している。
      • リムのサイドウォールを消耗しない。
    • 短所
      • 僕らが使ってきたディスクの大半がある程度キーキー音を立て、ウェットまたはドライコンディションに依存した。
      • 一般的にカンチレバーやリニアプルブレーキより高価。経験から言うと、安いものを買うと報いを受ける。
      • 一般的なサイクリストには手入れが困難。
      • スモールパーツが簡単には手に入りにくい。
      • リアのディスクキャリパーが突き出る関係上、Xtracycle Freeloaderバッグを削って穴をあけてしまう。
  • その他
    • リアブレーキまで沿わせるハウジングの長さの関係で、油圧の流動による圧縮の方がメカニカルケーブルの伸長よりも少ないことからメカニカル/ケーブルブレーキよりも油圧ブレーキの方がより良い性能を発揮する。
    • ローターサイズ- 標準的な160mmローターの使用で問題や欠点は感じなかったが、ビッグダミーは必要性を感じるなら180mm、203mmのローターを収容可能。
  • カンチレバーとリニアーリムブレーキ
    • 長所
      • しっかりと調整、手入れされていれば、良好な制動力が得られる。
      • 普段はディスクブレーキよりも高くない。
      • 一般的なサイクリストにも手入れが簡単。
    • 短所
      • 住んでいる地域で長く急な坂があり、頻繁に重い荷物を運び、濡れたところを走る場合、望むべき制動力が得られないかも。
      • リムのサイドウォールがすり減る。
      • フロントブレーキよりかなり長いリアブレーキケーブルが伸びることから、リアブレーキの感触を柔らかく感じる。

! フロントブレーキのみの使用は重い荷物を積んだ状況でフォークまたはフレームを破損させる恐れがあることに注意して。スピードをコントロールしておくには両方のブレーキを使いましょう !

ギアリング/ドライブトレイン -十分なローギアをもつ標準的マウンテンバイクの駆動機能はオールラウンドな最高の選択肢となる。リアディレイラーのハウジングはめいっぱい沿わす必要があるため、低摩擦成形のステンレスケーブルの選択がシフティングを快適にする手助けとなるだろう。W.L.Gore (ゴアテック) 社のライドオンケーブルシステムをチェックしてみて。このケーブルは密閉構造を有し、その他のケーブルよりも摩擦量がかなり低くなっている。また、通常の自転車より    1 ½倍長いチェーンが必要となる。

内装ギアのハブ - 幅を大半のシングルスピード、もしくは内装ギアのハブはビッグダミーで使うことが出来るが、チェーンテンショナーを必要とする。サーリーシングレーターのようなシングルプーリーのテンショナーはチェーンステイの形状によって「プッシュダウン」「チェーンをプーリーの下に通す」の位置でのみ機能する。小さなコグやすり減ったドライブトレイン使うと言った場合、高いトルクのかかる状況下で歯からチェーンが滑り落ちるのを防ぐのに足るチェーンラップ「たるみを取る力」が得られないかも.

僕らはローロフ社製のスピードハブを考慮してビッグダミーを設計した。  ローロフ社のOEM2アクセルプレート用のタブは左側のリアドロップアウトプレートに取り込まれている。  この仕様により長いトルクアームは必要なくなり、ハブの着脱が容易に行える。取り付けにはM6x1で6-8mmの長さを持つソケットヘッドのネジが必要。 OEM2のアクスルプレートはネジの頭を指標にするので、ネジは頭がハブに向き合う側から挿入しないといけない。  OEM2アクスルプレート配置の詳細についてはローロフ社スピードハブの説明書を参照してね。

サスペンションフォーク - ビッグダミーについてくるフォークはアクスルからクラウンまで425mmあり、80-100mmのトラベルをもつサスペンションフォークとの間に互換性がある。ロングテールバイクにサスペンションフォークを組み込む前に考慮する必要があるとすれば、君たちの体重が通常の長さの自転車よりも前後輪のより真ん中に来るということだ。これはリアホイールからいくらかの荷重をとって前輪に載せるという効果をもたらす。体重が82kgの場合、普通の自転車であれば、サスペンションフォークには総体重に対して25kgの荷重がかかるが、ビッグダミーにサスペンションフォークを組み込んだ場合おおよそ半分の 41kgがかかってくる。だから変動した重量の増減分を補うためにコンプレッション側のスプリングを効果的に上げることのできるサスペンションフォークが必要だ。さもないと、フォークは底付きを起こすか、とてもたるんだ乗り味を実感することになるだろうね。  y.

その他、ビッグダミーに乗って最初に学ぶのは異なる荷物をどうやって自転車に積むかということ。悪いこと言わないから、以下の製品に投資してみたらどう。 :

  • バンジーコード- 様々な長さのものを備え、フックの径はフレームチューブを考慮した大きなものであることを確かめてください。
  • バンジーネット- オートバイ用のヘルメットネットが具合が良さそう。繰り返しになるが、フックの径はフレームチューブを考慮した物にしてください。
  • 大きく重い荷物のための酷使に耐えうるラチェットバッグルの付いた荷締めベルト。
  • トーストラップ- この思い出の品を取っておいた意味を知ることとなる。
  • ベルクロ- 夢中になってください。

アクセサリー

  • ナイスラック フォークの上 - 前輪のナイスラックはビッグダミーのフォークに取り付け可能。しかし、取り付ける作業は手間がかかるかもしれないここは詳細な説明付き写真セット
  • フェンダー- Snapdeck自体が体への跳ね除け効果の役割を果たす一方、フェンダーは足やドライブトレーン、Xtracycle Freeloaderバッグが濡れるのを防ぐ。言うまでもなく、後ろに乗った人は水がかからないことをきっと有り難く思うはず。
  • 雪や雨はFreeloaderバッグの中にしみ込むので、防水のドライバッグにお金をかけるのは良い考えだ。あなたが目的地に着いた時、荷物を下ろすこともより簡単になるし、うっかり小さい物が落ちるのを防ぐ役割がある。

フレーム保護

  • 内側- 錆を抑制する亜麻仁油やエンジンに吹き付けるスプレーなど最初に組み立てる時や以降定期的に吹き付けるのは良い考えである。
  • 外側
    1. Vラックチューブにラバーブーツをかぶせることで、水がたまり錆びる要因となる内側への水分の進入を防ぐ。使い古しのロード用インナーチューブを 4インチの長さに切り、エクストラサイクルのVラック上に巻き上げてフレームに差し込み、巻き上げた部分を下図のようにフレームにかぶせる。
    2. フェンダーステイ周辺、フリーローダーバッグのストラップを渡す場所といったホットスポットにテーピングすることで、摩擦による塗装の剥がれを防ぐことが可能。
    3. フロントブリッジチューブ周りに絶縁テープやインナーチューブの固まりをタイラップ固定しチェーンガードを設けてください。
  • Xtracycle Snapdeck
    1. 君の新しいSnapdeckをじっくり見てみて。 綺麗だよね、そう、時間が経ってもずっとそのままで綺麗だよ。もう少し長持ちさせるために、ポリウレタンコートか同じような物を塗ることが可能だ。それとも、シートクッションかソーラーパネルか裏返しのスケートボードでも付けて、おしゃれにしたらどうだい。 
    2. Snapdeckをぴんと張ることと、Vラックチューブを結びつけるためにシンチストラップを使ってね。これはFreeloader bagsの中にある重い荷物を積んだままへこみにはまったとき、Snapdeckが勝手に飛び出さないような役割を果たす。
      それとも 

ビッグダミー フレーム図表

ビッグダミー フレーム保護インサート

このアセンブリを設計した理由は、出荷の際にフロントブリッジに損害を与えないようにというわけ。他の役割として、バイク使用中のアップライト、または損害を受けたチューブを強化するため。プラグのテープがついた端に十分注意を払ってね。もしチューブの端に傷をつけたとしたら、チューブを治すため柔らかいハマーでプラグをチューブの中に入れることができる。プラグの径はチューブの径を正しくするために設計され、これによってアクセサリーをちゃんと取り付けられるようになる。

Hamfist 警告: 回転力をいれすぎて、インサートボルトをきつく締めると、チューブに損害をもたらすよ。絶対にダメ。

トレーラーアタッチメント - 超重量の荷物を運搬しようと思ったら、バーリーとバイク・アット・ワークブランドのフレームアタッチメントは、ビッグダミーフレームの後部にピッタリと合うよ。

  • 連結部にかかる荷重をニュートラルにするため、トレーラーのホイール上に載せるものを均一にしてください。これによりビッグダミーのリアエンドに過度な載せ下ろしがなくなる。
  • シャープなコーナリングはビッグダミーのフレームがトレーラーアームに干渉する恐れがあることを心に留めておいてください。乗る前に干渉を確認し、トレーラーは自己責任で使ってください。
  • 重い荷物を積んでの急ブレーキは自転車にジャックナイフを引き起こし、制御を失う恐れがある。注意を払い、スピードはコントロールしてください。

ストークモンキーによる電動化 - アメリカに拠点を置く クレバーサイクルは ビッグダミーやエクストラサイクルに取り付けることのできるバッテリー駆動のアシストモーターを販売している。モータースロットルの接続はタンデムストーカーのようにペダルに繋げる。モーターを使う際にはペダリングが必要とされるので、基本的にこれはハイブリッド構造のヒューマンエレクトリックシステムと言える。僕たちの一部はこのモーターを広範囲で使用し、自信の身体による動力が不十分であったり、単に街中をより早く簡単に通り抜けるといった特定の用途において素晴らしい効果を発揮することが分かった。

ご注意、ストークモンキーを挟むことでチューブが破損した場合のクレームについては、受け付けることができないよ。なので、取り付けにはトルクレンチを使用して、自己責任として使ってね。

さらにリンク

*トレイルメジャーメント
こちらのページにはトレイルメジャーメントがどんなものか、そしてそれが自転車のハンドリングにどんな影響を及ぼすかが解りやすく簡潔に書かれている。長い自転車は異なる操舵性能を持つことから設計作業にも慎重さが必要という訳で、これはビッグダミーに関して特に興味深いね。参考までに 26インチx 2.0インチタイヤを履かせた試験測定はおよそ60mm。

ハンドルバーシミー 
これを経験したことがあるなら、なぜ起こるのか、そしてどのように回避すればいいかについて素晴らしい説明がここに書いてある。シミー現象はロングバイクではより顕著になるから、ここで言っておく価値があると考えた次第だ。

エクストラサイクル
このプロジェクトに際し、僕らはエクストラサイクルの素晴らしい方々と協力できたことを幸せに思っている。彼らのウエブサイトはロングテールを取り巻く全ての主脈であり、閲覧にはいくらかの時間を要するだろうね。http://www.xtracycle.com/media/manual.pdf

スパインを走ろう
こいつらはアラスカからティエラ・デル・フエゴまで走ることにした。オフロードで。彼らはこの汚れた長い道のりで荷物がついたままかどうかをチェックするため、ビッグダミーの三番目の試作品に乗って走った。

 

ページトップに戻る


寸法 | ビッグダミー

 

16インチ

18インチ

20インチ

22インチ

ST (トップチュブのC-T)
インチ
mm


16
406.4


18.0
457.2


20.0
508.0


22.0
558.8

TT(C-C)
インチ
mm


21.6
548.6


22.6
573.3


23.5
596.1


24.3
616.4

TT (水平)
インチ  
mm


22.6
573.4


23.5
596.0


24.2
614.0


24.9
631.6

HT 角度
度数


72.0


72.0


72.0


72.0

ST 角度
度数


73.0


73.0


73.0


73.0

BB Drop
インチ
mm


1.6
40.0


1.6
40.0


1.6
40.0


1.6
40.0

CS 長さ
インチ
mm


32.6
827.0


32.6
827.0


32.6
827.0


32.6
827.0

フロント-センター
インチ
mm


24.3
617.2


25.2
640.0


25.9
658.2


26.6
676.1

ホイールベース
インチ
mm


56.8
1441.9


57.7
1464.8


58.4
1483.0


59.1
1500.9

S. O. 高さ**
インチ
mm


28.4
720.8


29.6
751.0


31.0
787.9


32.8
832.7

HT 長さ
インチ
mm


5.1
130.2


5.7
145.9


6.3
160.8


7.0
178.8

FK 長さ
インチ
mm


16.7
425.0


16.7
425.0


16.7
425.0


16.7
425.0

FKレーク
インチ
mm


1.7
43.0


1.7
43.0


1.7
43.0


1.7
43.0

* すべての寸法で変更の可能性あり
**直径676mmタイヤ(平均 26x2.1インチ)を基準とする

Long Haul Truckersのキックスタンド 

まさか。このポストの掲載でLong Haul Truckersのキックスタンド取り付けについて届くメールを防げると思ったのに。逆に内容が僕らの反キックスタンド姿勢(僕らは反キックスタンド派なの?こんなことをいった覚えがないけど)に対するの怒りから、それにあたって、懸念を示す大量メールを送信してくる原因となってしまった。

続きを読む

環境

Surlyでは、いつでも製造業者と協力して、フレームを溶接する人からSurlyのバイクに乗る人まで、Surlyに関わる全ての人の健康と幸せのためになる材料と方法を用いて高品質の商品を生み出している。  とは言っても、製造は・・・

続きを読む