日本
アメリカ

ハブ、フォーク、ディスクブレーキの互換性について

最近、135mm幅式ハブがたくさん発売され、ちょっと前までこの幅のハブはすべてリアハブとみなされていた。 しかし、ファットバイクというモデルが世間の注目を集め、ファットバイク、ハブやフォークやフレームオプションを発売するメーカーの数は増加するし、働きの異なるフォークやハブを提供する企業もある。このような状況下で、互換性の懸念がでてきた。ブレーキ、フォーク、ハブの互換性を考慮すると、フォークとハブの幅を合わせる必要性があることは当然だけど、もっと重要なことがある。ディスクローターが適切にキャリパーと並ぶようにするには、満たさないといけない条件が二つある。

1) ディスクハブの設計に取り掛かると、ローターとノン・ドライブ・ロックナットの距離を考慮することが必要。この距離はだいたい標準化されているので、たとえいかなるハブメーカーからフロンとハブを買ったとしても、ローターとロックナットの距離は全く同じ。そしてフロントハブにおいてのローターとロックナットの距離はリアのそれとは異なるのだ。

2) 同様に、フォークやフレームについているディスクキャリパーはローターと適切に並ぶよう特定の方法で位置づけられないといけない。そして、ローターとロックナット同様、フロントとリアは異なる設計基準となっている。

Pugsleyを設計した時、フロントとリア共に135mmハブを設置した。なぜかというと、そうするとフロントとリアホイールを交換でき、どこか知らないところでフリーハブが壊れたというようないざという時に、スペアギアが利用出来るようになるわけ。  その機能を利用する人はほとんどいないけど、コンポーネントを壊せるほど、極端な状況でバイクを走る乗り手にはかなり便利。  その頃は、135mm幅のフロントハブを一つも扱っていなかったので フォークをリアブレーキとリアハブを使って使えるようにするのは 当たり前だった。 現在、我々は幾多の135mm幅のリアハブ だけでなく リアハブのようにしっかりと設計しつつもコグを付けられない135mm幅のフロントハブも販売している。また、ファットバイクフォークも .当社の扱っているPugsleyフォークは135mm幅で、オフセット(片足がカーブしている)されているのだ。 このフォークにはリアハブと、リアキャリパーアダプターの必要性がある  そして、フロントキャリパーアダプターの使用が必要となる、100mm幅式ハブのフォークパグも扱う。 分かるかい ついて来れる? もう一つ  オフセットでない (カーブ式レッグなし) 135mm幅のフォークにはリアハブローターオフセット寸法を基に、設計されたハブ 必要性がある。  135mmノンオフセットパグフォークにはフロントキャリパーアダプターの必要性があるけど、リアハブを使うのは不可欠と心に留めてね。 

ふぅぅぅ!  これを読み切ったら、大学の学位を得られるね.  たぶん、早いまとめが必要だ。

(1) オフセットフォークはリアディスクキャリパーの必要性がある。 それぞれのノンオフセットフォークはフロントディスクキャリパーアダプターが不可欠。

(2) 100mmパグフォークはスタンダードフロントハブが使用される。  135mmフォークはどちらもリアハブが使用される。

(3) 現在、我々は幾多の135mm幅の(ギアが取り付けられる)リアハブ だけでなく フロントハブの外観を持つ135mm幅ハブ(ギアの取り付け不可)も提供していて、そちらも実のとこローターとロックナット間の寸法は標準的なリアハブのそれだ。 いくつかのメーカーはギアの取り付けが不可能な、フロント向けのローター〜ロックナット寸法を持つ135mm幅のフロントハブを製造しているが、これらは当社のフォークでは使えない。 またいくつかのメーカーはフロント向けのローター〜ロックナット寸法を持つよう設計されたハブを収容する135mm幅のフォークを製造しているが、これらも当社のハブでは使えない。 . . 

Long Haul Truckersのキックスタンド 

まさか。このポストの掲載でLong Haul Truckersのキックスタンド取り付けについて届くメールを防げると思ったのに。逆に内容が僕らの反キックスタンド姿勢(僕らは反キックスタンド派なの?こんなことをいった覚えがないけど)に対するの怒りから、それにあたって、懸念を示す大量メールを送信してくる原因となってしまった。

続きを読む