日本
アメリカ

君の鉄フレーム手入れやオイル供給

Surlyを買ったばかり? おめでとう。絶対気に入ると思うよ。その新しいSurlyが、もしかして初めてのスチールフレームだとしたら、僕たちが何年も伝道してきたことをわかってもらえるだろう: スチールには特別な乗り味があって、元気がよくて、気持ちいい。少し手入れをすれば、 20年でも 30年でも今と同じ乗り味を楽しめるだろう。

追跡と直面

僕たちのだけじゃなくて、全てのフレームに最初にされるべきことは、優秀なプロに準備してもらうことだ。ヘッドチューブ やフォーククラウン、ボトムブラケットのシェル(クランクベアリングがかみ合うところ)の表面の仕上げをすることはいい考えだ。  表面の仕上げをすることで、余分なペイントや金属片を取り除くことができ、 チューブの端の表面を平行にする。それによって、ヘッドセットやBBのすべての部品の端が整えられ、、時期早々にベアリングを台無しにしてしまう余分なプレッシャーや摩擦の’ホットスポット’をなくし、動作をスムーズにする。   Surly フレームは、通常そんなにたくさん(もしあれば) の金属片を取り除く必要はない、ただペイントだけだ、  間違って行えば、フェーシングは素材(BB シェルやヘッドチューブを構成する金属)を取り除きすぎてしまう。 これは特に、適切な調整に正確な間隔の幅を必要とするアウトボードタイプのボトムブラケットに深刻な害を与える。もう一度言おう、この仕事は自分が何をやってるか正しくわかってる人にやってもらうべきだ。 

多くのヘッドチューブのフェーシング工具は リーマーだ。  これは チューブの端を削るだけでなく、 ヘッドチューブの内側まわりも削るということだ。 リーミングは通常、ヘッドチューブの中に余分なペイントがない限り、製造の許容範囲が常にチェックされたクオリティーの高いフレーム(僕たちのみたいな)には必要ない。リーミングはツールがシャープでハイクオリティーなもので、経験のある人がするならおそらく害はないだろう。だけど、本当に行われる必要があるのは、 フェーシングそのものだけだ。 

Surly フレームはペイントに先立って磨かれるので、ヘッドチューブとBB シェルの端のペイントをカーペットナイフ・ブレード で削り落とすのは可能だ。  これは通常まあまあの 結果になり、君はお金の節約 ができる。でも僕達としては、君の部品が長持ちすることを確かにするため、適切な方法で処理されることをおすすめする。  

次に、ボトムブラケットシェルを検査する。もしネジきり部分に余分なペイントがあれば、BB スレッドカッターを施そう。君のフレームにディレーラーハンガーが付いているなら、そのネジきり部分にも同じことをしよう。

ディスクキャリパー取り付けタブも磨きたいかもしれない。  タブを磨くことは、キャリパーを付ける際に平らで均等で真っ直ぐな表面をもたらす。  近頃のほとんどのディスクキャリパーはたくさんの調整機能が組み込まれていて、フェーシングはあまり必要ない。  また、ここで留意すべきは それはシングル・ポジションの取り付けプレートにのみ効果があるということだ。   

この時点で選りすぐりのすべてのパーツは取り付けることが出来るけど、僕たちはチューブの内側も保護することをおすすめする。

チューブの中にさび防止剤を塗布する

君のフレームの外側はタッチコートのペイントで覆われている。たとえペイントが削られても、表面は乾燥するチャンスがあるから、さびは絶対にそんなに悪くならない。だから、実際傷を修正する必要すらもない(もちろん外で防水シートの下にほっておけば、外に出して乗るよりも、もっとさびるだろう)。反面フレームチューブの内側は、さびが増殖する環境だ。水がフレームの中に入る。入るよ。タイヤが跳ね上げた水が、君のシートチューブの下とかの一番小さな場所に染み込む。

チェーンステイの中に小さい穴を見つけた?それはフレームが溶接される時に、ガスが放出されるためにあるんだ。でもそれはまたチューブの中で空気が流れることができるよう働く。素晴らしいね、だけど十分じゃないんだ。ある種の保護剤でチューブの内側の表面をコーティングするのは本当にいい考えだ。これはフレームがまだ裸で何も部品が装着されてない時にするのが、明らかにいい。 おろしたフレームの精度だしが終わったら JP Weigle Frame Saver (日本だとWAKO'S ラスペネ、KURE 6-66など) か、モータースプレーオイル、ボイルしたリンシードオイルを取ってこよう。これらはどれも、チューブの中をコーティングし、塗った直後からサビを防ぐちょっとネバネバしたオイルだ。Frame Saver はエアゾールのカンに入ってるからちょっと毒性があるけど、スプレーノズルが付いてフレームの隅々まで簡単に使うことができる。完全な説明書も付いてくる。カンひとつで平均3、4フレームに使える。でも何を使うにしても、一度にチューブ一本にしよう。説明書に従っていくらかスプレーしよう。(もしくはこれぐらいかなと思うよりちょっと多めに) そして内側の表面全体がコーティングされるようフレームを回転させる。ヘッドチューブやフォークレッグも含め 各チューブ忘れないように行おう。1日ほど干してゲル化させ、そしたらフレームの外側に付いた余分なものを掃除しよう。BB のネジきり部分と、ヘッドチューブの端と内側、シートチューブに軽くグリスを塗ったら、パーツを付けて、乗りに行こう。

シングルスピード・ギアリング入門

"車輪の再発明"が起こって以来(つまり、何十年もの間、子供用自転車の仕様として位置づけられてきたシングルスピードが流行するようになって以来)、シングルスピードの仕組みについてはたくさんの議論が巻き起こっている。たしかに、シングルスピードは可動部分が少ないという点で構造がシンプルだ…

続きを読む

スポーク計算情報

これらはスポークの適切な長さを決めることに役立つ、君に必要となるサーリー製ハブ尺度となる。 僕らは君の代わりにその計算を出来ないので, 正しくない計算に対して何の責任も負えない。疑いがある時は専門家に問い合わせをして。僕たちの旧”1x1”は廃止されたことに注意してね。それは低いフランジだ・・・

続きを読む