日本
アメリカ

シングルスピード ドライブトレーン

ワンスピード オフロード ドライブトレーン 噴出

Singleatorと毎回必ず一緒に発送している詳しい説明書にもかかわらず、取り付け方がわからない人や、途中で難しくなってどうしたらよいかわからなくなる人が結構います。それ以上に、このスポーツの初心者が多くて、ワンスピード ドライブトレーン全般の特異性や、どうやって作ってメンテナンスしたらよいのかが、よくわかっていないみたい。心配しないで、それでも愛してるから。でもワンスピードがシンプルでピュアで美しくて素晴らしいからといって、あっという間に作れたり、放っておいてもちゃんと動いてくれるというわけじゃない。人々に知識を広めるため、混乱したカスタマーの電話を減らすため、ワンスピード ドライブトレーンの一般的な情報とセットアップのしかた、Singleatorsを買ったのはいいけど使えるようにならない人はどうすればよいのかを書こうと思う。

1. マイクロ-ドライブ vs. マクロ-ドライブ ”マイクロ-ドライブ”のコンセプトは、シングルスピードの場合意味をなさない。 "マイクロ-ドライブ"というのは元々、今は亡きマエダ・コーポレーション (サンツアー) が作り出して商標登録した用語で、比較的小さいチェーンリングとコグを使って、大きいのを使ったのと同じようなギア比を達成することを指す。"マイクロ-ドライブ"は、当時サンツアーの人達がコグのサイズの限界に挑戦して、11tファーストポジションのコグでカセットを作ったことで可能になった。新しいアイディアじゃなかったけど、高品質の熱処理スティールを使ってデザイン的にもある程度成功した。ぴったり合った軽量の小さいコグとチェーンリング、それから短いディレーラーケージとチェーンのおかげで、軽量フリークが大喜びして、そのシステムは皆に受け入れられた。シマノがそれをまねして、マルチスピードMTBトランスミッションの時代に突入、というわけだ。うまくいった理由は、ハイギアでは小さいコグでもなんとかなるから。なんていっても、誰だって11tとか12tのコグはそんなに長時間使わないから、そんなに減りも速くない。しかも、そういうコグを使ってる時はシャカリキにフル回転してるわけじゃない。もし立ち上がって漕がなきゃならないくらいきつかったら、ギアチェンジするでしょ。オフロードで22x11tのクロスギアを乗り回したら、部品が新品でも古くても簡単にその歯でチェーンがいかれちゃう。気づいてるかしらないけど、時間当たりにチェーンに触れてる歯の数は約半分だから、11tのコグだったら、常に5つか6つだけだよ! 君の腿がSurlyのカーペンターペンシルくらいの太さしかないなら別だけど、普通のワンスピード オフロード ライディングで必要になるローギアを、11tのコグで望みどおりにスキップさせるのは勝手だが、たぶん君のワンスピードに付いてる一番小さいリアコグの16tとそんなに変わらない。そのままなら、8つの歯でものすごい垂直クライムなんかやっちゃうことになる。ここで長ったらしく説明しようとしているのは、つまりオフロード ワンスピード ドライブトレーンでは、歯は多い方がいいということ。たとえ歯1つでも、うしろのコグの歯飛びを防ぐためには大きな違いになる。歯が多いほうが減り方も少ない。 ずっと同じギアなので、その同じ少ない歯で何マイルもこなすことになる。大きいコグとチェーンリングを使えば、ドライブトレーンは長持ちするし、歯飛びも少なく、チェーンをだめにする回数も減る。 うしろのコグには大きなもの (18t以上) を選んで、前のチェーンリングをいろいろ試すことで好きなギア比を見つけることを薦めます。 そのためにかかる余計な重量はほとんど無いに等しいし、ワンスピードのオフロードバイクに"マイクロ-ドライブ"のドライブトレーンを使う利点は何も無いからやめなさい! バカだよ、急な登りでけがするだけだ。Singleatorを持っているなら: 上記すべてを頭に入れたら、’プリングダウン’ ポジションより’プッシングアップ’ ポジションで使ったほうがいいと思わない? 結局チェーンをフリーホイールのほうへ押し上げることで、そのギア比の中でフリーホイールに触れている歯の数が増える。残念なことに、これはチェーンステーが邪魔するのでいつでも可能なわけじゃない。同じ理由で、プルダウンポジションの時、Singleatorはフリーホイールからチェーンを実際遠ざけるので、なるべくそれを避けたいのはたしかだ。指示に従ってくれ! なるべくたくさんのリンクをはずすこと! ディレイラーと違ってSingleatorにはプリーが1つしかなく、チェーンのゆるみは絶対的に必要な分以上は取らないデザインになっている。ドライブトレーンを"マイクロ-ドライブ"した場合、プルダウン ポジションでは、君の特定のパーツ構成や重量、ライディング スタイルに充分な数の歯がチェーンに触れるようにできないかもしれない。もしリンクを取れるだけ取って、それでもSingleatorがチェーンをフリーホイールから離す方向に引っ張って歯飛びが起こってしまう場合 ("最悪の事態") は、ギアを替えよう! 大きいコグに替えよう! 大きいチェーンリングにしよう! チェーンリングをひとつ小さくして、リンクを1つ減らしてみよう! アレンジしなおそう!!  君ならできる! この最悪な事態はそうは起こらないが、ここに書く意味があるくらいは起こってるから、助けになればいいなと思う。でもチェーンブレーカーに飛びつく前に最後までちゃんと読んでね。

2. チェーンライン チェーンラインとは、前のチェーンリングとリアコグを結んだ線のことを指す。チェーンラインは、すべての自転車にとって、しかしとりわけワンスピードのドライブトレーンに重要だ。一番良いチェーンラインは、チェーンリングとリアコグが一直線に並んでいて、チェーンがチェーンリングからコグに向かってまっすぐに繋いでいる状態だ。ワンスピードではこれがうまく行っていないと、ドライブトレーンの摩耗や頻繁なチェーン落ちにつながる。チェーンラインの微調整は、ハブのスペーシングを調整したり、フリーホイールスペーサーやカセットスペーサーを足したり引いたりしたり、クランクを替えたり、BBスピンドルの長さを変えたり、ボトムブラケットの水平調整をすること、クランクスパイダーとチェーンリングの間にスペーサーを使ったり、リングとコグをきちんと一直線に並べるのに考えうるその他諸々の方法で可能だ。ドライブトレーンもノイズがなくなるはずだ。Singleatorを使っている人: 調整可能な滑車がチェーンラインと完全に合致しているか確認しよう。ちょっとでもずれがあると、ノイズが出て、滑車の摩耗も早くなる。すごくずれている場合は、Singleatorが、  さらに/あるいはディレイラー ハンガーが、壊れ落ちてしまうのは時間の問題だ。だからちゃんとやろうね。

3. チェーンのテンション - どうしたら丁度良くなるのか もしチェーンが張りすぎていると、あまりにも減りが激しくなり、フリーホイールやカセットボディに側面荷重を起こして、内部の歯止めがスキップし、ペダルを漕ぐのに余計なエネルギーが必要になる。もしチェーンがゆるすぎると、下り斜面で自然にはずれて、急な登りではコグとチェーンリングのどちらかまたは両方でスキップしてしまう。チェーンのテンションを適正に調整しようとしていて気づくのは、チェーンは場所によってきつかったりゆるかったりしていることだ。これは普通のことだ。チェーンリング、フリーホイール、カセットボディ、クランクアームなどは使うにつれてある程度曲がったり、ねじれたり、歪んだりするし、最初から完璧な円は描いていない。僕の場合は一番きつい場所で逆方向にフリーホイールした時ほとんどクランクが止まるくらいチェーンをタイトにするのが好きだ。はっきり説明するのが難しいけど、チェーンのテンションは下り傾斜でばたばたするくらいゆるいのと、ペダルを逆漕ぎした時抵抗があるくらいきついのの間にキープできれば、チェーンのテンション関連で大惨事が起こることはないと言っていい。ボルト-オン ハブの人は、アクスルのナットやボルトにグリースを塗ることで、ホイールの無要な動きを最小限におさえることができ、テンションの調整がしやすくなる。左右のボルトを交互に少しずつ締めるのもコツ。グッドラック。 Singleatorの人は: ストレート ドロップアウト エンドの自転車にSingleatorを使っている場合は、その目的はただひとつ、チェーンのテンションを適正に保ってコグから離れないようにすること。プッシュアップ ポジション、プルダウン ポジションのどちらを選んだとしても、ひたすら説明書をよく読んで、読み返して、正しいスプリングをインストールしたかどうか確認して、さあ漕ぎ出そう! 恥ずかしがらないで! でも、もし間違ったスプリングをインストールしたらSingleatorが壊れるので要注意。このスプリングにもリミットがあるから、Singleatorで、専用のホリゾンタルドロップのシングルスピードと同じようにチェーンのテンションを出すことは無理だが、チェーンをいい感じに安全にタイトにすることは確実にできる。

4. 1/2x1/8"のチェーン vs. 1/2x3/32"のチェーン 1/2x1/8"のチェーンはよくない。なんでも好きなもので走ればいいけど、この場合大きければよいってわけじゃない。やー、確かに幅広いかもしれないけど、製造者のデータによると、より強いわけじゃないし、クオリティーもより良いわけでは絶対にない。マルチスピード ドライブトレーンは人気が高く、そういうドライブトレーンに使えるチェーンは、製造者が力を入れて品質の革新・開発を見せる舞台になっている。すべてのマルチスピードの3/32"チェーンでは、ローラーは改良され、プレートも良くなり、ピンは強く、構造 (リベット行程) もより良くなっている。もし近所のパブで毎晩チェーンリングとチェーンを手すりで削れば、大きいほうの1/2x1/8"のチェーンのほうが長持ちするだろうが、普通そういうことは起こらない。もし古い Singleatorを持っているなら: 1/2x1/8"チェーンを使うなよ!!! 使うと、Singleatorが自転車からもげること間違い無し。  ただし、デザインし直した新しいSingleatorなら、これに該当しない。 古いバージョンは、チェーンを正しい位置に保持するためジョッキーホイールにループを使っていた。このループは3/32"より太い1/8"のチェーンをキャッチする。現在のSingleatorでは、同じ目的のためジョッキーホイールの各側面にガイドプレートがあるが、ホイールの方向によって、3/32"または1/8"のチェーンを走らせることができる。俺たちは細いチェーンのほうが好きだけど、もしどうしても 1/8"を使いたければ、新しいデザインではそれが可能だ。

5. 高変速性コグ vs. ノーマル コグ 高変速性コグとは、 シマノのハイパーグライドやインターグライドなどが典型的だが、チェーンが入ったり出たりしやすいように、機械にかけ、打ち抜き、プレスやその他の加工をして、きれいでスムーズな変速を可能にしたリアコグのことで、5-9速に対応する多段構造のコグがある。マルチスピードの自転車で効果的に使われており、ワンスピードでも同様に機能する。シングルに使うのは避けよう! パワーを落とした時、変速はうまく行くが、後で歯医者に行くことになる。ワンスピード専用のハブを買って、マルチスピードカセットハブにネジ式のBMXフリーホイールまたはシングルスピード用コグを使おう。 Surlyでもいくつか作っている。厚手で、屈曲性が無く、エグジットランプの型押しはされていない。  6. ところで、部品交換はまめにやろう! やらなきゃだめだよ。平均的なバイク乗りは、マルチスピードに乗っているほとんどの時間を5つか6つのギア (27もあるうちのだよ!) で過ごしてるとしよう。君はすべての時間を1つのギアで過ごしている。しかも、そのためにデザインされているのではないドライブトレーンの部品を酷使してるのだ。君の部品は普通の5分の1から6分の1しかもたない。フリーホイールがスキップしだすのに3ヶ月かからないのはなぜか考えてみたことある? まず、ちゃんとシールされていないため、汚れが歯止め部分に入り込み、歯を捕らえるために必要な動きを妨げる。さらに、トルクがかかってフリーホイールがよれたり、ねじれたりして、中の歯止めが歯をいつもしっかりと捕らえることが難しくなる。くたびれた古いフリーホイールを手にもって、中心を固定して外側を回してみれば、言ってる意味がわかると思う。BMXフリーホイールとマウンテンバイク カセットボディでさえ、ワンスピードがドライブトレーン部品をだめにするような、こういう連続した高トルクの酷使にたえるようにはデザインされていない。最近は、フリーホイールとSSハブにいくつかいいオプションがある。  7. ねえ、新しい部品同士一緒に使おうよ!!! マルチスピードのドライブトレーンの場合同様、中古のコグやリングは新品のチェーンを嫌うし、その逆も同じ。どうしても新品と中古のドライブトレーン部品をミックスして使うとすれば、特にコグとチェーンの場合は、街乗りの贅沢クルーザーならまだいいけどね。そうじゃないなら、いい結果のためにはいつもコグとチェーンとフリーホイールは一緒に取り替えよう。もしチェーンを頻繁に取り替えれば、コグとリングはぐっと長持ちさせることができるが、特にシングルでは、テクニックを要するライディングをしたり、進路で止まってしまうくらいのものすごい急勾配を登ったりすれば、自分の機材の限界を試しているようなものだ。信じられない? 自分と同じ体格と体力の友達に、自分のマルチスピードに新しいチェーンを付けて25回激しく乗ってもらって、ひとつのピンの中心から、15リンクくらい離れたもうひとつのピンの中心までのストレッチを測ってみよう。すべてのリンクは中心から中心まで正確に1/2"の長さのはずだが、随分伸びる。それもあっという間に。そして同じことを自分のシングルスピードでやってみよう。新しいチェーン、オフロードの激しいライドを25回。どれくらいもっとチェーンが伸びるかは信じられないくらいだ! コグ、チェーン、リングを一緒に交換することで、歯とチェーンが一緒にすり減って、その結果よく馴染んだメッシュができて荷重でスキップしにくくなる。新品と古いものをミックスすると、歯とチェーンがきちんとメッシュをつくる共生的な(ウフ?!)摩耗パターンは生まれない。荷重でカチャカチャ変な音がしたりスキップしたりしがちだ。これは昔からの知恵。

8. フレームの柔軟性 君のワンスピードバイクは、少なくとも適度に軽くデザインされているはず。Surlyの皆でさえも30パウンドの自転車で勾配を登りたいとは思わない。ということは、君のフレームは軽量で細く、チェーンステーとシートステーも軽く16-20"くらいの長さだということだ。ペダルを漕ぐ度に、ボトムブラケットが前後にスウィングして、長くて細いステーがバイクの漕いでいる側に引っ張られる。特にきつい昇りでは、機械全体が君の上半身と下半身で捻られる。この柔軟性はある程度は必要で、ライドを心地よいものにするが、ドライブトレーンシステムの柔軟性は歯飛びや、早い摩耗や、君の体格によってはチェーン落ちを起こす誤差を生み出す。この要素は無視できない! ドライブトレーンの柔軟性から起こる誤差に対処する一番の方法は、まず他の要素がすべて正常であることを確かめることだ。3.5パウンドのクロモリ フレームは、ワンスピード向きじゃない。もしそういうことをするなら、体重は150パウンド以下でないと。そうでないなら、チェーンラインが完璧で、リアコグは大きいのにして、ローギアになっていて、君のドライブトレーンがいい状態であって、すべての部品が一緒にすり減っていく状況で、チェーンの張りや油は適正であることを確認すれば、フレームの柔軟性がドライブトレーンに起こし得る問題、歯飛びやチェーン落ち、早い摩耗などを最小にすることができる。

9. ローギアで行こう 君たち男女は荒っぽくて、自転車においては精神的にも、社会的にも、肉体的にも仲間より上を行きたいと思っているのはわかってるけど、機能的な立場から言えばワンスピード オフロード ドライブトレーンでは、ギアは低いほどいい。もし君がスピード狂クラブのメンバーなら、ギアは大きくないとだめなので、心拍計大好きの君はこれを読まなくてもよろしい。でも、もし乗り心地が気になる人は、常にローギアにすることで、スタイル的にもかっこよく、ドライブトレーンを不必要に酷使しないですむ。そう、確かにドライブトレーンの部品を回転や摩耗にさらして、平地ではより多く回さなきゃならないが、、昇りで脱腸でもしかねないようなシャカリキをやらずに済むから、ショックやゆがみ、大惨事的な歯飛びやドライブトレーンの破損などの可能性を減らすことができる。パンツもセーブできるというわけだ。

10. チェーンに油さそうよ。 お願いだから。

11. フリーホイールにも油をさそう。中にはベアリングと動く部品が入ってます。グリースでなくオイルを使って。お願い!

12. その他の問題、えーと、人的エラーについて。 あなたのワンスピードやSingleatorsやそれを作った人達を呪う前に、上のガイドラインをよく読んで理解するように。有能なプロのメカニックなら君のドライブトレーンが直面している特定の問題を診断することができるだろうけど、もし自分一人で解決しようとするのなら、上記のどれが原因でこのイライラする状態が起きているのか判断するのはむずかしいかもしれない。もし上のすべてをよく読み理解してやってみて、それでもぜんぜんちゃんとできない場合は、ビールの2-3本も飲んでからもう一度読んでみて。もしくは近所のショップに寄って、少しお金を払ってみて。もしくは我々に電話して。ちょっといじめるけど、助けにはなりたいと思います。わざわざ書いてるくらいだから嘘じゃない。それがいやなら、あきらめてギア付き自転車に乗ってください。だってギアがあったってなんの問題もないでしょ。

愛を込めて, Wakie

シートポストが滑るのはなぜか

OK、この自転車に乗って2-3日経った。新しいのを買ったかもしれないし、中古かもしれない。または兄弟から盗んだのかもしれない。しかし2-3回乗るうちに、シートポストがずり下がることに気づいた。「なんだよこれ!?」と独りごちる…

続きを読む