日本
アメリカ

スポーク計算情報

正しいスポークの長さを決めるのに必要なSurlyハブのサイズ情報はこちら。君に代わって計算してあげることはできないので、君が計算を間違っても責任負えないよ。もし自信がなかったら、プロのバイクメカニックに相談してね。注意: うちの"1x1"は製造中止になりました。フランジが低いハブで"1x1"のマークがあるやつです。うちの新しいハブは (その名も "New" ハブ) は最高の最新型でハイフランジ、そして"SURLY"のマークが付いている。すべてのハブは32hか36h。もしスポーク計算器がスポーク穴の直径を聞いてきたら、2.4mmと入れよう。もしこのサイズ情報がどんな役に立つのかさっぱりわからなかったら、他のページを見て何か役に立つこと見つけるようにね。

1x1 (旧タイプ)

フロント (100mm スペーシング)
フランジ直径 (左または右): 43mm
(C-T-F) ハブフランジからセンター位置まで (左または右): 33mm

リア (135mm スペーシング)
フランジ直径 (左または右): 43mm
C-T-F (左または右): 39mm

ベアリング サイズ:

旧型ハブ
フロント: R6 ベアリング、 9.5mm i.d.、22.2mm o.d.、7.0mm厚
リア: 6200 ベアリング、10.0mm i.d.、30.0mm o.d.、9.0mm厚
これらはノン-アジャスタブル ベアリングです。

 

 

"New"

フロント (100mm スペーシング)
フランジ直径 (左または右): 54mm
C-T-F (左または右): 32.2mm

フロントディスク (100mm スペーシング)
フランジ直径 (左または右): 58mm
C-T-F (左/ディスク側): 22.5mm
C-T-F (右/ドライブ側):32mm

 



リアトラック (120mm スペーシング)
ダブル固定ギア ネジ式
フランジ直径 (左または右): 54mm
C-T-F (左または右): 30mm

リアトラック (120mm スペーシング)
固定 ネジ式/フリーホイール ネジ式
フランジ直径 (左または右): 54mm
C-T-F (固定ギア側): 31mm
C-T-F (フリーホイール側): 30mm

 

リア ロードバイク (130mm スペーシング)
固定 ネジ式/フリーホイール ネジ式
フランジ直径 (左または右): 54mm
C-T-F (固定ギア側): 33mm
C-T-F (フリーホイール側): 31.5mm

 

リア マウンテンバイク (135mm スペーシング)
ダブル フリーホイール ネジ式
フランジ直径 (左または右): 54mm
C-T-F (左または右): 38.5mm

リア マウンテンバイク (135mm スペーシング)
固定 ネジ式/フリーホイール ネジ式
フランジ直径 (左または右): 54mm
C-T-F (固定ギア側): 37.5mm
C-T-F (フリーホイール側): 38.5mm

リアディスク マウンテンバイク (135mm スペーシング)
フリーホイール ネジ式
フランジ直径 (左または右): 58mm
C-T-F (左/ディスク側): 34mm
C-T-F (右/ドライブ側): 38.5mm

 

ベアリング サイズ:

すべての New モデル ハブ (フロントとリア) は同じベアリングを使用
7901 ベアリング (総転動体軸受, アジャスタブル カートリッジ)、12.0mm i.d.、24.0mm o.d.、6.0mm厚
このベアリングはアジャスタブル カートリッジ タイプです。長く使うためには、ハブ使用前の調整と時々の再調整が必要です。

Surlyは計測値の正確さを保証することはできません。スポークの長さを正しく選ぶことは最終的にメカニックの責任です。

…のケアとつき合い方

Surlyを買ったばかり? おめでとう。絶対気に入ると思うよ。その新しいSurlyが、もしかして初めてのスティールフレームだとしたら、俺たちが何年も伝道してきたことをわかってもらえるだろう: スティールのライドはスティールにしかない味があって、元気がよくて、乗り心地がいい。少し手入れをすれば、 20年でも 30年でも同じライドができる…

続きを読む

キャリパー・ブレーキ・リーチ

Pacer と Steamroller* のフレームは標準リーチ (47-57mm) のカリパス使用。多少短いリーチ (40-50mm) のカリパスも使用可能。53-71mm または 61-78mm リーチのSidepulls等の高品質な標準リーチのブレーキ以外の使用は薦めません。リーチの短いブレーキは現行の標準: 39-50mmのブレーキパッド…

続きを読む