日本
アメリカ

タイヤのクリアランスとSurlyのフレーム

タイヤは重要だ。   高級なパーツを使用したダイアルバイクを持つことは可能だが、もし、タイヤがシリンダーにフィットしていなければトラブルにつながるし、最悪の場合、自転車がお釈迦になることも考えられる。 結局、どんなトレッドを選ぶにせよ、タイヤこそが自転車のインターフェイスであり、異なるタイヤ面には異なるトレッドパターンと空気圧、幅が必要になる。   これらのうち1つでも欠けていれば、不具合が生じる恐れがある。  面白い時もあれば、苦痛もある。  自転車の接地面をどうしたいのかについて考えるのは良いことだろう。  どんなトレッドを求めているだろうか?  最適なタイヤの空気圧はどんなものだろうか?  接地面が柔らかい場合、沈み込むような感覚を求めるか、あるいはワイドなタイヤの負荷を厭わないか?  タイヤ幅が広すぎることはないだろうか?

Surly母艦で良く聞かれる質問の1つにこういうものがある。「これこれのタイヤはこれこれのフレームにフィットするか?」  この質問に対する答えは、もしSurlyのフレームを使用していて、それに合うサイズのホイールを使うのならば、フィットするサイズについて話し合うことができるだろう、ということになる。 でも、もし、例えばLHTフレームに650bホイールを合わせるとか、それ用に設計されたフレームのホイールサイズを使用している場合には、可能性はあるが、そういったホイールサイズの自転車はSurlyでデザインしていないので、なんとも言えない。  ひょっとしたらできるかもしれない。  試してみても良いだろう。

Surlyのフレームへのタイヤのフィットは、通常は問題にならない。というのも、タイヤクリアランスは、Surlyのデザイン哲学の五本柱のひとつで、色々なメーカーのタイヤのサンプルを試したことのある人ならわかっていることだが、サイドに記載された番号は、必ずしも別ブランドの寸法と同じとは限らない。  タイヤメーカーは、さまざまなポイントからタイヤサイズを決定して  寸法を計測するので、もし、Surly以外のフレームにタイヤをフィットさせようという場合、タイヤクリアランスの多さを重視しないほうがいいだろう。  また、言うまでもなく、自転車のタイヤはクソ高いこともあるので、購入する時にはフレームにフィットするか確かめた方がいい。

タイヤのサイズについてはこの通りだが、どれくらい正確にフレームのクリアランスを知ることができるか? これは簡単だ。  Surlyでは、フレームをデザインする時に、ドでかいタイヤに間違いなくフィットするようなあいまいな定義に頼るのではなくて、最もフレームに適したタイヤとホイールのサイズを考える。これは、Surlyのデザインプロセス全体で一貫している。  Surlyは、タイヤのサイズと、それが自転車のハンドリングに及ぼす作用について深く考えている。  ファットバイクやトレールバイクの多くはこの考え方を表す好例だろう。なぜならば、タイヤのサイズは、自転車のハンドリングをいかに感じ取るかにおいて、重要な役割を演じる。  Instigator 2.0に650Ax23mmのタイヤを履かせないのはこのためだ。その代わりに、Surly独自のタイヤサイズ、26+(50mmのリムに26 x 2.75"タイヤを使用)を考案した。

若いエンジニアや夜通しガレージにこもって考え続ける連中はわかっていることだが、Surlyは大きなタイヤの大ファンであり、Surlyのフレームの多くは、極太タイヤや、ホイール径が大きめの若干細めのタイヤ、さらにはホイール径が小さくて、もっと太いタイヤにもフィットするだろう。  1x1を例に見てみよう。  Surlyのウェブサイトでは、1x1のフレームとフォークのタイヤクリアランスを26 x 2.75と表記している。   これはどういうことか?  27.5 x 2.1"のホイール/タイヤのコンボを1x1のフレームに使用しても大丈夫だろうか?  正直わからない。  1x1は、26"ホイール用にデザインしたので、あくまでも26"を使用した方が良い。  27.5"は今大流行中だが、Surlyはこの自転車を26"ホイールを履く仕様でつくっているので、もし上級者向けの規格外のホイールを試したいならば、自己責任で違うホイールサイズを試してほしい。  その場合、ボトムブラケットの高さや自転車の重心が狂ったり、ハンドルが馬鹿になったりするかもしれない、ということは付け加えておきたい。 

自転車、フレームセット、フォークについて、Surlyでは、"特定の部品の最大タイヤクリアランスの下限値"を表記している。つまり、最小の"最大タイヤクリアランス"のある部品はすべて"最大タイヤクリアランス"として表記している。また、使用できるようにデザインされたタイヤ"タイプ"の最大タイヤ幅のみ記載している。

例えば、1x1のフレームセットについては、最大タイヤサイズを26 x 2.75"と記載している。これはフレームとフォークの両方に当てはまるが、フォークは最大26 x 3"にフィットする。実験好きやマジシャン、エンジニア(アマチュアもプロも)なら知っている通り、1x1のフレームは多くの650bのノビータイヤ、さらには29"のマウンテンタイヤにもフィットするが、1x1は26"のトレッド向けにデザインされているので、これらのタイヤの最大タイヤクリアランスは記載していない。

タイヤの最大チェーンステイ幅は、Surlyの全フレームについて、ミリメートルとインチで記載してある。 タイヤのクリアランスについて、あるいはタイヤのサイズ測定について他に疑問がある場合には、こちらのリンクから各タイヤの寸法をチェックしてほしい。http://translation-staging.surlybikes.com//uploads/downloads/SURLY_Tire_Geometries.pdf

Surlyの…について

ご存知の通り、Surlyではスチールで自転車をつくっている。これは昔から変わらない。 スチールを使う理由はたくさんあり、 詳細は割愛するが、ポイントは、スチールを使用した場合、デザインと 柔軟性、乗り心地、コスト効果、耐久性、修復性、環境性能のバランスが良いという点だ…

続きを読む