日本
アメリカ

クローズ・ボタン

クローズ・ボタン
Krampus ラインアート

完成車外観

https://translation-staging.surlybikes.com/uploads/bikes/krampus_compv_930x390.jpg
https://translation-staging.surlybikes.com/uploads/bikes/krampus_34r_930x390.jpg
https://translation-staging.surlybikes.com/uploads/bikes/krampus_34f_930x390.jpg

フレームと詳細

https://translation-staging.surlybikes.com/uploads/bikes/krampus_fm_930x390.jpg

完成車&フレーム

Krampusは29erの中の革命児。この自転車は、ファットバイクではない。確かに、50mm リムの3インチ タイヤだ (当社はこの組み合わせを「29+」と呼んでいる)。しかし、ファットバイクは速度を抑えて這うように進むように設計されているところ、Krampusのフレーム (ジオメトリー、チュービング直径/厚さ) は、長いトップチューブで、ホイール、タイヤのサイズを考慮して可能な限り短いリアエンドという設計だ。大きくて幅広のタイヤと組み合わせると、この自転車はとんでもない回転慣性とグリップを生み出す。切り裂くように進み、身体にうまく応えてくれる。タイヤが大きいので、ちょっとしたサスペンションのような緩衝力もある。Krampusは、あらゆる地形に挑戦することもできるオフロードバイクだ。Krampusの生きる場所は、茂みでの走り、スピードレース、ダートトラックでの走り。乗るのがただひたすら楽しい。

Krampusのハブ幅はフロントが標準の100mm、リアが135mmで、 ディレーラーとシングルリング/コグ ドライブトレーン対応、ホイールを後方から装着するホリゾンタルドロップアウト付き。ディスクローター向けに最大185mmのクリアランスがあり、ハイダイレクトマウントの標準的なフロントディレーラーを扱うことができる設計。このタイプのディレーラーは、タイヤのクリアランスを最大限にする。当社のPugsleyやMoonlander モデルのようなフレームオフセットは不要だが、タイヤの、チェーンとディレーラーのクリアランスは真剣に考慮すべきだ。標準の幅のリムとタイヤを使うことを考えているなら、通常のマウンテントリプルクランクが扱える。ただし、当社の50mm Rabbit Hole リムと3インチ Knard タイヤ (当然の選択!) にするなら、1xまたは2x クランクを使ってみよう。単純な話、トリプルではタイヤのクリアランスは確保できない。チェーン、タイヤのベストなクリアランスを考慮すると、Surly O.D. 2x クランクか1x システムをおすすめする。他のブランドの2x クランクも使えるが、最も基本的なギアコンボでさえもチェーンとタイヤの擦れにつながる可能性がある。

分かったかな? よし、それじゃあ思う存分楽しんで。