日本
アメリカ

ウェア・雑貨

ウィンターハット

ウールハット
http://translation-staging.surlybikes.com//uploads/parts/CL9110_640x480px.jpg http://translation-staging.surlybikes.com//uploads/parts/CL9125_640x480.jpg http://translation-staging.surlybikes.com//uploads/parts/CL0106_640x480.jpg http://translation-staging.surlybikes.com//uploads/parts/CL0116_640x480px.jpg

ウールハット

君がもし我々と同じような感じの人なら、バイクに乗ってる間、常にプランがあるとは限らないよね。午後ずっと乗ってるか、それかどっかへ乗っていってそこに夜ずっといるかもしれない。君がもしドリフターの一人− 冒険者の一人 − なら、ウールのハットを一着持っていた方がいい。夏の間でもバッグにウールハットを一つ忍ばせといた方がいい、夜どっかで野宿することになる時用に。おばあちゃんはよく言っていたよね「身体の熱の75%は頭部から失うのよ。」って。今、僕らは医者ではないけど、おばあちゃんに逆らっちゃいけないってことくらいはもう分かってるよね。ウールハットを着用するように。

取扱店を探す