日本
アメリカ

Pugsley

Pugsleyってなんでこんなに変なの?

まずすべてはタイヤから始まっている。大きくて太いタイヤ、特に空気圧を低くしてフラットぎみに走ると、地面との接触面が大きく、トラクションも普通のどんなタイヤよりよくなる。柔らかいものの上ならタイヤが乗り上げていくことができる。スノーシューズと同じ原理だ。スノーシューズは重量を広い面積に拡散するので、雪の中に沈まずに表面に立つことができる。Pugsleyのデザインもこの理論から来ている。この自転車はオフロードだけでなく、道路やトレールが無い場所でも、地面を荒らすことなく、雪や砂、柔らかい土にも埋もれず、降りて歩く必要も無く、乗ることができるってわけ。

そのためには、大きなタイヤじゃないと。 (そして大きいタイヤには、ほんとに大きなリムが必要) 標準フレームはそんな大きなタイヤ用にはできてない。 (3.0” 以上のもの。そしてたいていのフレームにはこんなに大きいタイヤは付けられない。) 普通の人の普通のライディングには、フロートなんか必要ないし、こんなに大きなタイヤの重さは邪魔になるだけ。でもある状況では、この大きなタイヤが一番機動力を発揮するんだよ。そして大きなタイヤを使うためには、シートステーやチェーンステー部分も幅広くなければだめ。また、チェーンステーをなるべく短くするために (トラックじゃなくて、あくまで自転車らしい使い勝手になるように。つまり Pugsleyは見かけによらず、乗り易く、小回りがきき易い) 、そしてチェーン周囲のクリアランスを確保するためにも (これについては後に書くけど)、ボトムブラケットも幅広くなきゃ。我々の肥満型タイヤはばかでかい3.7”なので、標準では一番幅広い100mmシェルのBBを採用した。(ほとんどの自転車のシェルは68か73mm)

さあ、これで大きなタイヤを走らせるフレームができたけど、ボトムブラケットがいくら幅広くでも、チェーンのクリアランスの問題が残ってる。チェーンラインに対してタイヤがあまりにも太いので、一番内側のギアに重なってしまう。つまり、一番ローギア (フレームに近い) で走っている時に、チェーンがタイヤに当たっちゃう。それじゃだめだ、と。

じゃ、どうするか? シートステーとチェーンステーを右寄りにカーブさせて、中心線から離し、Pugsleyのホイールはそれに合わせてオフセットになってる必要がある。(言い換えれば普通の仕上がりから逆らう形でセンター出しが行われている) これでチェーンラインが確保できた。後ろはこれでよし。

次はフォーク。普通のフォークは、クラウンがハブと同じ幅かそれより狭くなっている。タイヤだけでなく、雪や泥などもクリアするために、Pugsleyのような自転車のフォークは、ハブよりクラウンがずっと広くなければならない。そして、前のハブは後部より狭いので、この差を強調する。クラウンが幅広いフォークに、ハブ部分に向かって狭くなっているレッグをつければOKかと思いきや、それだとホイールの着脱に困ってしまう。それにPugsleyは本当のアドベンチャーバイクとしてデザインしたかったので、後ろのハブ (マウンテン ハブの標準135mm) が入るようにフォークのスペースを設定することには意味が有るだろうと思った。こうして、つまんだような形にならず、クリアランスも確保できて、前輪と後輪が交換可能になった。

これは大したことに思えないかもしれないけど、極寒の天候の中、ドロドロな状況で部品がボロボロに壊れるようなこともある。それ以外の時ならフリーホイールやフリーハブで十分だが、例えば中のグリースが凍るくらいの寒さの時に、故障してクラッチ部分が開いた状態で空転することもあり得る。そして、華氏マイナス40度の極地でそんなことになれば面倒なだけでなく危険だ。スペアのホイールの有る無しが、自力で脱出できるか救命ヘリで運ばれるかの差になるかもしれない。

さて、フレームはオフセットでチェーンのクリアランスも確保したら、こんどはホイールもセンターからオフセットになっている必要がある。(注: Large Marge リムには何種類かあり、その中のいくつかは特にPugsley用に左右非対称にドリルされている。) フォークブレードの片方を幅広いハブとオフセットのリムに合うように曲げる。問題解決。漫画っぽく見えるかもしれないが、注目を集めるためでも間抜けに見えるようにでもない。狂ってるように見えて筋道があるんだよ。機能第一。

Fixxer

Fixxerについてのeメールが絶えないところを見ると、このアイテムについての誤解があるようだ。何人もの人たちが、これがあれば自転車をシングルスピードに改造することができるのかと訊いている。シングルスピードと言う時、大概の人は…

続きを読む

Surlyラック 技術情報

フロント: パニエのサポート面積: 781 cm² (121 in²) 各サイド ラック幅: 外側から外側 178mm  重量: 1.34 kg (2.95 lb) Long Haul Truckerに取り付け時に必要なボルト・ハードウェアをすべて含む 高さ: 26” から 29” のホイールに合うよう調節可能 チューブ直径: 10mm チューブ: 100% 4130 クロモリ…

続きを読む