日本
アメリカ

舗装路

Pacer

Pacer ラインアート

完成車外観

http://translation-staging.surlybikes.com//uploads/bikes/pacer-14_compv_930x390.jpg
http://translation-staging.surlybikes.com//uploads/bikes/pacer-14_34r_930x390.jpg
http://translation-staging.surlybikes.com//uploads/bikes/pacer-14_34f_930x390.jpg

フレームと詳細

http://translation-staging.surlybikes.com//uploads/bikes/pacer-14_fm_930x390.jpg

完成車&フレーム

Pacerは、自転車の中でも興味深いカテゴリーに属する。近頃は、ほとんどのロードバイクの素材がスチール以外のものだ。ロードバイクの今の風潮は、甘やかされている子供のように注目を集めようと躍起になっている要素にばかり群がり、それ以外は見逃しているというのが一般の傾向だ。そんなわけでPacerはちょっと孤独を味わっている。Pacerは、長距離や田舎道 (それもど田舎) を走るのが好きだ。Pacerは天候を気にしない。何マイル走っても顔色一つ変えない。乗り手はただ漕ぐだけで、残りはPacerがやってくれる。

Pacerは、ほとんどの人が考えるレーシングバイク像とは異なるが、そのジオメトリーは、派手なヤツらが下り、コーナリング、ハンドリングといった軽快なパフォーマンスをこなす自転車のそれだとすぐに分かる。他のSurly フレームと同様に、当社独自の、サイズ特有の、Surly 4130 CroMoly スチール製。そのため生き生きとした乗り心地で、乗り手の身体を痛めつけることは絶対にない。

今年、当社が想定するこの自転車の性能により見合うように、Pacerのスペックを変更。Shimano 105 グループを奢ることにした。これは全くもって高性能のロード用コンポーネントなので、快適で、長距離対応の、一日中乗っても問題ないPacerの系譜にぴったり合致する。タイヤのクリアランスは最大幅32mmで、起伏の多い道もより滑らかに走ることができる。どデカいロードライドや大荷物の運搬をしたかったり、フレームで痛い目をみたくないなら、Pacerは天からの贈り物と思うに違いない。荷物を最小限に抑えたツーリングや通勤・通学にも向いている。さらに、2ポンド未満のカーボンファイバー レーサーバイクとは異なり、ガレージで倒しても二つに折れることはない。

取扱店を探す