日本
アメリカ

オフロード

Karate Monkey 27.5+

Karate Monkey 27.5+ ラインアート

完成車外観

http://translation-staging.surlybikes.com//uploads/bikes/surly-KM-27.5-2018-BK3792-compv-930x390.jpg
http://translation-staging.surlybikes.com//uploads/bikes/surly-KM-27.5-2018-BK3792-34r-930x390.jpg
http://translation-staging.surlybikes.com//uploads/bikes/surly-KM-27.5-2018-BK3792-34f-930x390.jpg

完成車&フレーム

数年前、Karate Monkeyは、29インチホイールのムーブメントを起こすきっかけとなり、Surlyも含め、多くの企業が徐々に色々なサイズのホールサイズを作り始めるようになった。

市場には今や多種多様なタイヤのタイプやサイズが出回っているが、ライダーたちは、十分なタイヤの隙間とタイヤ幅がホイールの直径に影響を与えることを理解し始めた。自転車1台に複数のホイールサイズが揃っている利点はご存知の通り。27インチプラス規格のタイヤには29インチホイールと同じ回転直径があるが、特に幅のあるノブからはトラクションや浮遊感の利点がすべて得られる。と、タイヤだけでもこれだけ優れている。

最近Karate Monkeyフレームには、内蔵のドロッパーポスト用ルーティング、Instigator 2.0と同じトランペットチューブが使われている新しいチューブセット、ジオメトリーへの若干のひねりなどの追加的な特長を含む改良が加えられ、さらにオフロード向けに進化した。Karate Monkeyには、Gnot-Boostスペースを特長とするディレイラーハンガー付きの水平式ドロップアウトが使われ、自分好みのマウンテンバイク・ハブを選ぶことができる。10 x 135mm QR、12 x 142、あるいは12 x 148 Boost™のいずれもKarate Monkeyフレームで使える。フレームには、幅広いフォークの互換性のために44mmのヘッドチューブが使われ、内部を保護するためにさらに層を重ねたEDコーティングが施されている。こいつを細めのタイヤで走らせたいときにはいつでも、問題なく標準的な29インチのホイールとタイヤに交換することができる。オフロードの顔面に回し蹴りを食らわせたいヤツは、Karate Monkeyに限る。

取扱店を探す