日本
アメリカ

オフロード

Karate Monkey SS

Karate Monkey ラインアート

完成車外観

http://translation-staging.surlybikes.com//uploads/bikes/surly-karate-monkey-ss-compv-17-930x390.jpg
http://translation-staging.surlybikes.com//uploads/bikes/surly-karate-monkey-ss-34r-17-930x390.jpg
http://translation-staging.surlybikes.com//uploads/bikes/surly-karate-monkey-ss-34f-17-930x390.jpg

完成車&フレーム

Karate Monkeyは、初回生産分の29erの1台だ。自転車オタクにも手の届く値段で、29インチのプラットフォームを見せつけた。29インチが成熟したカテゴリーとなり、自転車会社全体がこのプラットフォームに注力することとなった。旧型の標準だった26インチホイールとは打って変わり、29インチホイールには、トラクションの増加、凸凹地形のスムーズな走破、慣性の維持といったユニークな利点が目白押しだ。さらに一般的に言って背の高いライダーに適している。

Karate Monkeyは、29erのジオメトリーの基準の設定に一役買った。前方に詰まったリアホイールが俊敏さと操作性を維持し、変速コンポーネントがないことで自転車をシンプルに保つ。だから精神浄化の欲望も満たすことができる。

カスタム設計されたSurly CroMoly “’Natch”スチール製のフレームとフォークを備えたKarate Monkeyは、耐久性に富み、はつらつとした弾むような乗り心地を実現する。最近Karate Monkeyフレームには、内蔵のドロッパーポスト用ルーティング、Instigator 2.0と同じトランペットチューブが使われている新しいチューブセット、ジオメトリーへの若干のひねりなどの追加的な特長を含む改新により、さらにオフロード向けに進化した。Karate Monkeyでは、Gnot-Boostスペースと呼ばれるディレイラーハンガーに間隔のある水平式ドロップアウトを使用。10 x 135mm QR、12 x 142、あるいは12 x 148 Boost™のいずれもKarate Monkeyフレームで使える。フレームには、幅広いフォークの互換性のために44mmのヘッドチューブが使われ、内部を保護するためにさらに層を重ねたEDコーティングが施されている。

Karate Monkey SSは、あなたのシングルスピード感覚を養う上での師匠だ。