日本
アメリカ

キャリパー・ブレーキ・リーチ

Pacer と Steamroller* のフレームはスタンダード リーチ (47-57mm) のキャリパーブレーキを使用。多少短いリーチ (40-50mm) のキャリパーも使用可能。53-71mm または 61-78mm リーチのサイドプルブレーキも含め、スタンダードリーチの高品質なブレーキ以外は薦めません。

ショートリーチブレーキは現代のスタンダード:フレーム取り付けボルト中央からパッド取付ボルト中央までが39-50mmとなるブレーキを言う。スタンダードリーチのブレーキはよく”ロングリーチ”とも呼ばれ、フレーム取り付けボルト中央からパッド取付ボルト中央までが47-57mmとなる。ずっと昔、ほぼ全てのブレーキはこのサイズだった。 僕たちは太くて快適なタイヤのために余分にクリアランスを取りたいので、今でもロードフレームにこちらを使っている。

*2007年までに作られたSteamroller フレームセットはブレーキ仕様の上部ステイブリッジと共に設計されていない。これらのフレームにリアブレーキを付けるにはフロント用のスタンダードリーチキャリパーブレーキをリアに付ける必要がある(フロントにはもちろんフロント用が使われるべき)。キャリパーをシートステイ ブリッジに固定するためにいくらか余分に取り付けハードウェアが必要になるだろう(写真A を参照)。フロント側は普通につけることが出来る。 2007年から作られているSteamrollerフレーム(シリアルナンバーシリーズM701XXXX から始まる)は、ブレーキ仕様ブリッジがしっかり付いているので(写真B を参照)、 これらのフレームには通常のフロント用とリア用のスタンダードリーチブレーキが使われるだろう。ここで注意すべきは、どのスチームローラーにもリア用のハウジング ストップの類が付いていないということだ。君はクランプ型のハウジング ストップを追加する覚悟を決めないといけない。Steamroller のトップチューブの外径は28.6mm だ。

タイヤのクリアランスは使われているキャリパーとタイヤによって変わります。

写真A, Steamroller bridge pre-2007

写真B, Steamroller bridge、 post-2007

キャリパー・ブレーキ・リーチ

Pacer と Steamroller* のフレームは標準リーチ (47-57mm) のカリパス使用。多少短いリーチ (40-50mm) のカリパスも使用可能。53-71mm または 61-78mm リーチのSidepulls等の高品質な標準リーチのブレーキ以外の使用は薦めません。リーチの短いブレーキは現行の標準: 39-50mmのブレーキパッド…

続きを読む

キャリパー・ブレーキ・リーチ

Pacer と Steamroller* のフレームは標準リーチ (47-57mm) のカリパス使用。多少短いリーチ (40-50mm) のカリパスも使用可能。53-71mm または 61-78mm リーチのSidepulls等の高品質な標準リーチのブレーキ以外の使用は薦めません。リーチの短いブレーキは現行の標準: 39-50mmのブレーキパッド…

続きを読む