日本
アメリカ

Lowside

オフロード

完成車&フレーム

子供の頃のことを覚えてるかい?人生に野心があり、自転車が純粋な自由の象徴のように感じられただろう?世界でなにが起きてるかなんてまったく気にも留めずに街を走り回ったり、友人の家に行ったり、夕食の時間に間に合うように家に帰ったり、全部が日課だった。できないことなんて何もなかった。誰にも止められなかった。

今はその厄介な希望や夢に邪魔されることなく、「大人」として Lowside に乗って、その喜びを再現できる。Lowside は、一本道をクイックリップして町を横断したら、その後バーに行って夜遊びできるバイクだ。それでも夕食前に戻ってこられるかもしれない。

シングルスピードが最初から俺たちの DNA に深く刻まれてたとしても驚くことじゃない。古い思い出をちょっと旅してみよう。1998 年、俺たちは 1x1 Rat Ride から始めたんだ。それは俺たちにとっても多くの人達にとっても最初のフレームだった。そしてシングルスピード界への最初の進出だった。何年も経ち、サンライズへ何度も行った後、数年前に販売中止することにした。

Lowside は 1x1 が止まった場所からまた始めてくれる。ディレイラーハンガーがあるので、技術的にはシングルスピード専用ではないけれど、フレームにはディレイラーケーブルガイドが含まれていない。だって俺たちは君にシングルスピードに乗ってもらいたいから。1 x 〇の装備を走らせることに決めたら、ジップタイか何かを掴んだほうがいい。ドロッパーポストのケーブルホール、Gnot Boost のリアスペース、スルーアクセルとか、いくつか新しい近代的な標準装備は追加したけれど、怖がることはない。いつまでも買おうか悩まないように言っておくよ。Lowside の Gnot-Boost リアスペースは 142 x 12mm または 148 x 12mm スルーアクセルリアハブ、それと135 x 10mm QR ハブ (10/12 アダプターワッシャー使用時) とも相互性がある。この互換性によって、Lowside は完璧なパーツ・ビン・バイクになるんだ。もし周りに部品がころがっていれば、たぶんそれを使える (でもリムブレーキはダメだ。リムブレーキは使えない) 。

Lowside フレームとフォークには広めの 27.5 x 2.8" または 26 x 3.0" のタイヤクリアランスがついている。フレームはブースト 110 x 15mm アクスルスペーシングのついたリジッド 420mm フォーク仕様だが、フレームは最大 100mm トラベルの 27.5 規格サスペンションフォークを取り付けることができる。ウチのやつは、26 以上の Dirt Wizards とサンライズバーが搭載されているから、退屈だなんて言い訳は通用しない。縁石に飛び乗り、裏路地を通って、いくつかショートカットを見つける。トレイルの途中でいたずらをしたくなったら、Lowside に乗って見つけられる。

最寄りの取扱店
選択:
  • XS

  • SM

  • MD

  • LG

  • XL

選択:
  • 完成車

  • フレームセット

選択:
  • レインボー イン ザ ダーク