日本
アメリカ

Straggler

舗装路

クローズ・ボタン

クローズ・ボタン
Straggler ラインアート

完成車外観

https://translation-staging.surlybikes.com/uploads/bikes/surly-straggler-700c-18-BK1883-compv-930x390.jpg
https://translation-staging.surlybikes.com/uploads/bikes/surly-straggler-700c-18-BK1883-34r-930x390.jpg
https://translation-staging.surlybikes.com/uploads/bikes/surly-straggler-700c-18-BK1883-34f-930x390.jpg

フレームと詳細

https://translation-staging.surlybikes.com/uploads/bikes/surly-straggler-18-FM1882-sv-930x390.jpg

完成車&フレーム

このStragglerとは何なのか? シンプルに答えると、Cross-Checkにディスクブレーキを追加したものだ。これがほぼ正確な答えだ。長い間、非常に汎用性のあるCross-Checkのディスクバージョンを作ってほしいという声が上がっていた。この2台は、ほとんど全てと言っていいほどとても似ている。ただし、Stragglerは少し違う。

一番はっきりしている違いはもちろん、Stragglerにはリムブレーキスタッドの代わりにディスクキャリパーマウントがあるということだ。最大160mmのローターに対応。リアドロップアウトも独特だ。部分的に閉じたホリゾンタル設計で、シングルスピードまたはギア式のドライブトレーンに対応している。リアからねじ込むストップスクリューが特徴で、ホイールをしっかり固定したり、最適なシフティングのためにリアホイールの位置を変えたりできる。さらに、ドライブサイドの前方に取り付けられたストップスクリューは、乗り手の強大な脚の力のせいでホイールが前にスリップするのを防ぐ。リアドロップアウトの幅は、Cross-Checkのような132.5mmではなく135mm。単純に、この幅だとディスクハブの選択肢がぐっと広がるからだ。

Stragglerには、フェンダー、ラック、ボトルケージのためのCross-Checkの直付け小物を全て共有できる。Straggler のジオメトリはちょっと違っていて、アングルやチューブの長さはほとんど一緒なんだけど、Cross-Check と全く同じゃなくて、でも Cross-Check のようにどこにでも行けてしまうんだ。デイトリッパーでウィークエンダーなのさ。「荒れた道」用のロードバイクなんだ。レースに出る素振りなんて全然ないシクロクロスバイクだ。実用的な都会派なんだぜ。軽量のツーリングバイクでもある。そして全天候型のコミューター (通勤・通学用) だ。一種類の組み合わせに飽きたら、パーツを交換して、別物にもできるのさ。いいと思わないかい?

最寄りの取扱店
選択:
  • 完成車

  • フレームセット

選択:
  • 52cm

  • 54cm

  • 56cm

  • 58cm

  • 60cm

  • 62cm

選択:
  • ブラック

  • ブルーベリー・ マフィン・トップ