日本
アメリカ

Fixxer

Fixxerについてのeメールが絶えないところを見ると、このアイテムについての誤解があるようだ。何人もの人たちが、これがあれば自転車をシングルスピードに改造することができるのかと訊いている。

シングルスピードと言えば、大概は1リング・1コグの自転車のことで、しかもフリーホイール装備ということになる。Fixxerは、ほとんどのシマノのハブを 固定ギアに改造するためのもの。固定ギアというのは、よく知らない人のために言っておくと、リングとコグのコンボが1つしかないので、技術上はシングルスピードと同じだが、ギア付きの自転車のようにホイールは空転せず、惰力走行もできない。 車輪が動いている間はペダルも動く。減速するには、ペダルに逆のプレッシャーを与えて車輪の回転を遅くする。

フレームをフリーホイールのシングルスピードに改造したい人には、Fixxerは薦めない。標準的な英国式ネジ山のフリーホイールにはFixxerを取り付けらるけど、薦められない理由はいくつかある。第一に、固定ギアのハブは、フリーホイールよりネジ山が短い。つまり固定ギアの歯車はチェーンよりネジ山の1点に集中し、フリーホイールはネジ山の中心より少し外側にチェーンを付けるので、歯車よりもネジにストレスがかかり、フリーホイールを使うことでFixxerのネジがすり減ってしまう可能性がある。そして2番目に、これは回りくどくてお金もかかる方法だから。もし単にフリーホイールのシングルスピードが欲しければ、それに適した部品---普通はカセットスペーサー、シングルスピード用リングとコグ (Surlyですべて製造してます)---と我々のSingleatorのようなテンショナーを買って、フリーハブが最初から付いている後輪を使うほうが早い。

でも、もし古いホイールを固定ギアにしたいのなら、 Fixxerを使う以上にいい方法はない。シマノのハブならほとんどのものに使えるようデザインされている。シマノ対応のハブに合うということだけじゃなく、フリーハブのボディにコグがフィットするという意味だ。Fixxerはフリーハブのボディを丸ごと取り替えるので、ハブ自体に連結する方法はそれぞれのブランドやシマノのラインナップの中でもモデルによって違う。 Zippなどの’ホイールシステム’にはFixxerは使えない。例外として、シマノ純正のフリーハブボディを使っているホイールシステムもあるけど、そのタイプのホイールは一般にセンター出しができないようになっていて、使っているフレームによってはセンター出しが必須 (例えば: 120mmのトラックフレームに130mmのロードフレーム用のハブを使うこと) となるので要注意。この場合はもちろん、しくじったってことになるね。

ところで、正しいフレームを選ぶことも重要だ。固定ギアに合うフレームは、チェーンにテンションをかけられるように、ホリゾンタルまたはセミ-ホリゾンタル ドロップアウトが必要。 (下を参照) 固定ギアにはSurlyのSingleatorのようなテンショナーを絶対使わないこと。そういうデバイスはチェーンがからまり、転倒の危険がある。とにかく、固定ギア自転車の美点のひとつはミニマリズムで、余計な物がついていないことだからね。

最後に、これ知っておいて: Fixxerはシマノブランドのハブのほとんどに使えるけど、全部ではない。   いくつかのシマノのハブにはFixxerが使えないことがわかっている。  それらとは: サイレント クラッチ モデルすべて、1997年以前と2003年以降に製造されたDura Ace、XTR M970/975、XTM770/775、Saint、そしてDXR-MX70。  さらに最近シマノは、古い標準的な10x1mmアクスルの代わりに、独自のアクスルを使い始め、 常にデザインを変えアップデートをし続けているので、どのハブにFixxerが使用可能か追跡調査ができていない。 我々に言えることは、もし 10x1mmの標準アクスルを使っているシマノのハブであれば、Fixxerが使えるということ。 もしハブがシマノでなく、 または 中味の構造がわからない場合は、 専用の固定ギアハブまたはホイールを買った方がよいと思う。

Fixxer

Fixxerについてのeメールが絶えないところを見ると、このアイテムについての誤解があるようだ。何人もの人たちが、これがあれば自転車をシングルスピードに改造することができるのかと訊いている。シングルスピードと言う時、大概の人は…

続きを読む

Fixxer

Fixxerについてのeメールが絶えないところを見ると、このアイテムについての誤解があるようだ。何人もの人たちが、これがあれば自転車をシングルスピードに改造することができるのかと訊いている。シングルスピードと言う時、大概の人は…

続きを読む