日本
アメリカ

Pacer

舗装路

クローズ・ボタン

クローズ・ボタン
Pacer ラインアート

完成車外観

https://translation-staging.surlybikes.com/uploads/bikes/pacer-14_compv_930x390.jpg
https://translation-staging.surlybikes.com/uploads/bikes/pacer-14_34r_930x390.jpg
https://translation-staging.surlybikes.com/uploads/bikes/pacer-14_34f_930x390.jpg

フレームと詳細

https://translation-staging.surlybikes.com/uploads/bikes/pacer-14_fm_930x390.jpg

完成車&フレーム

Pacer は自転車のカテゴリーとしては面白い。最近、ほとんどのロード用自転車は鋼鉄以外の材質で作られている。ロード用自転車とロード走行の昨今のトレンドは、甘やかされたガキどもみたいに何かとはしゃぎまわるようなことはせず、Pacer で黙々と走ったりすることだ。Pacer は長距離が得意で、田舎をぶらつき、走り回るのに合ってる。Pacer は天気にはお構いなしだ。どんなに走っても平気だし、君はただペダルをこげば、Pacer がそれに応えてくれる。

みんな Pacer をレース用自転車だと思ってないだろうけど、形状から簡単に分かるようにリラックスして乗れるし、下りやコーナリングが得意で、派手好きな奴にはもってこいの自転車なんだぜ。他の Surly のフレームもそうなんだけど、Surly が独占所有する特定サイズの Surly 4130 CroMoly スチールで出来ているので、乗ってるだけでガンガンきちゃうんだ。分かるだろ?

今年は Pacer が持ってると思う力をもっと出せるように、スペックを変えたんだ。ロード用の部品としてド本流のシマノ 105 グループを使用し、Pacer の系統に沿うよう快適で長距離走にも向く、一日中乗れる自転車として完璧に仕上げた。タイヤには最大 32mm 幅のクリアランスがあって、道に少々でこぼこがあっても大丈夫だ。思いっきりロードを走りたいなら、ケツを上げて、フレームに負けないように漕ぎまくってくれ。Pacer がハイな気分にさせてくれるぜ。クレジットカードを持っただけの軽いツーリングにも、通勤用にも使える。さらに、他の2 ポンドちょっとの carbon fiber レーサーのフレームと違って、ガレージでぶっ倒しても 2 つに割れたりしない。

最寄りの取扱店
選択:
  • 42CM レッド・フレーク

  • 42cm

  • 46CM レッド・フレーク

  • 46cm

  • 50CM レッド・フレーク

  • 50cm

  • 52CM レッド・フレーク

  • 52cm

  • 54CM レッド・フレーク

  • 54cm

  • 56CM レッド・フレーク

  • 56cm

  • 58CM レッド・フレーク

  • 58cm

  • 60CM レッド・フレーク

  • 60cm

  • 62CM レッド・フレーク

  • 62cm

選択:
  • 完成車

  • フレームセット